2016年06月09日

【中学受験に塾なしで】自宅学習で志望校に合格できる勉強法とは?

【中学受験】を検討されている方に。
伸び悩んでいる子どもの成績をアップさせ、
塾に行かなくても志望校合格が可能となる「理由と方法」を
あなたにお伝えしたいと思います・・・

私は「サクラサク中学受験勉強法」のプログラムをつくった
家庭学習コンサルタントの坂本七郎といいます。

これまで塾講師、個別指導、家庭教師として 直接520人、
インターネットを通じて5000人の学習指導を経験してきました。

2007年には、株式会社ドリームエデュケーションを設立し、
全国の小中学生やその保護者に向けて、志望校合格のための受験指導をおこなっています

【中学受験】を目指しているけど
成績が伸びない先が見えない

塾で成績が伸びない子の1つめの特徴、
それは、
「大量に問題を解いているだけで、まったく身に付いてない」
という点にあります。

この状態を脱するには「勉強のやり方」を大きく変える必要があります。

大量の問題を解くのではなく、
あなたのお子さんにとって「いま」必要な問題 を1つ1つ確実に身につけていくこと。

つまり、「問題の選び方」と「やり直し」。ここに成績アップのカギがあるのです。
「でも、その「やり直し」を子どもがイヤがるんです・・・」

そうですね、多くの子どもはやり直しが嫌いです。
なぜでしょうか?

・・・その理由は、やり直しがつまらないから。

子どもは、同じ問題を2回やる意味が分からないのです。
それに、できなかった問題なんて2度と見たくないと思うものです。

だから私は、このつまらない見直しを少しでも楽しんでもらうためにお宝ノート
「お宝ノート」という手法を考えました。

これは、間違えた問題のみをノートに書き取っておき、

それを何日か経ったときにもう一度学習するという仕組みです。

一見、何でもない手法に見えますが、
私がこれを、直接 本の中でお子さんに伝えると、

やり直しが苦ではなくなります。

「なぜ、やり直しが大切なのか」をていねいに説明しますので、
多くのお子さんは、やり直しの大切さに気づき、
やり直しをしないと損だな、もったいないなという気持ちになることでしょう。




そして塾で成績が伸びない子の2つめ。
塾で成績が伸びない子のもう1つの特徴。

あなたも薄々気づいているかもしれません。
そう、「基礎学力の不足」です。

これは放っておけば、どんどん勉強が分からなくなり、塾がイヤになり、

勉強嫌いになり、そして何より大切な「自信」を失ってしまいます。
基礎力不足。

これは土台がしっかりしていない状態で積み木をつみ上げていくようなものです。

こんな状態では、授業も分かりませんし、
家に帰って復習(宿題)しようとしても、思うように勉強がはかどりません。

・宿題に相当な時間がかかってしまう
・成績がある日を境に伸び悩んでいる
・組み分けテストでいつまでたってもクラスが上がらない


そんな子ほど、基礎学力が足りていないのです。
ではこの場合、どのような対策が必要なのでしょうか・・・?

答えは単純明快。

いったん塾と距離を置き、
分からないところまで戻って、土台から固めていくのです。

塾の授業や宿題に日々追われていると、
本当に必要な勉強、基礎からの積み上げができず、悪循環から抜け出せません。

まずはお子さんにとって必要な勉強をするための、
「時間」と「環境」を確保してあげてください。

一見、基礎からやり直すことは、遠まわりに見えますし、勇気も要ります。

塾をはなれることに対しての不安もあるでしょう。

けれども、お子さんのためを思えば、これがいちばんの近道なのです。

サクラサク中学受験 勉強法

塾に行かずに中学受験をしたい。
塾に行かずに中学受験は可能なのか?
「もちろん可能」です。
これは、サクラサクの実践者がすでに証明してくれています。

では、具体的にどうすれば、
「塾に行かずに志望校に合格できるのか」
その方法について説明したいと思います。

まず、中学受験の志望校合格に必要なもの。
これは大きく分けると、次の3つがあります。

1.合格力(基礎から積み上げた学力)
2.ペースメーカー(子供の立ち位置・成績を知る)
3.データ(志望校の情報をあつめる)


つまり、この3つを満たすことができれば、
自宅学習だけでも志望校合格は可能になるのです。

1.合格力(基礎から積み上げた学力)
もっとも大切なのは、やはり学力です。

先ほど説明したように、土台である基礎をしっかり固めた上で、
お子さんのペースで、1つ1つ学力を積み上げていきます。
しかし、 入試に必要な学力を、

塾に行かずに身につけることが可能なのでしょうか?

5年前であればこれは塾なしでは難しい話でした。

・・・でも、今は可能なのです。

今や中学受験は、公立中高一貫校が全国に増えたこともあり、
かなりメジャーな受験になりつつあります。


書店に行けば、1,000種類を超える中学受験用の市販問題集や参考書が売られています。

こうした市販教材の中には、中学受験のプロ中のプロが執筆・監修したもの、

解説や説明がくわしく、ていねいに作り込まれた問題集、

まるでダイヤモンドのようにキラリと光る優れた教材が存在しています。

こうした市販教材を上手に活用すれば、
「学校レベルの基礎学力」から「志望校合格に必要な応用力」まで
自宅学習で身につけていくことは十分可能なのです。

(解説がくわしく分かりやすい問題集で勉強すると、
自己解決がしやすく、親の負担も減らせます。)

中には「算数ならこの1冊で偏差値60レベルまで対応できる」もの、
「マンガを使って高度な考え方を楽しく理解できる」もの、
「作文力(記述力)や思考力が楽しく身につく問題集」など、

塾ではなかなか得られない学力を自宅で学べるチャンスがあるのです。

「サクラサク中学受験勉強法」では、1,000種類から厳選した、
特に優れた市販教材を使って学習を進めてもらいます。

「厳選された問題集」を「正しい勉強法」とセットで学習するから

成果が出るのが早く、成果がやる気につながり、楽しく学習することができるのです。

サクラサク中学受験 勉強法

2.ペースメーカー(子供の立ち位置・成績を知る)
これは模試を受けることでカバーできます。

中学受験生が受ける模試の中でオススメのものを紹介しますので
その模試を受講して下さい。


「自宅学習だけだと、やる気の維持が難しいのでは?」

こうした心配をされる人は多いと思いますが、模試(漢字検定などでもよい)を
定期的に受けることで、これは解消されます。


3ヶ月に1回程度でよいので、模試を受けてみてください。
模試を受ければ、自分の課題や弱点が見つかります。

逆に、自分の成長を実感することもできます。

模試を受けるようになれば、自然と目標が生まれ、
日々の勉強にも意識を持って臨めるようになるのです。

また、この模試は全国どこでも【自宅受講が可能】ですので
自宅にいながら、現在のお子さんの立ち位置を正確に把握することができます。

3.データ(志望校の情報をあつめる)
今や必要な情報は、書籍とインターネットでほぼ手に入る時代となりました。
そして、これは中学受験においても同様です。

志望校合格に必要なデータというのは、じつは3つしかありません。
あつめるべきは、この3つだけ。
・過去問
・合格者平均点
・合格者最低点

この3つがあれば、志望校対策は家庭でも十分可能です。


過去問は書店で購入できますし、合格者平均・最低点は赤本で確認するか、
学校説明会に出席すれば教えてくれます。
(出題傾向と対策もていねいに教えてくれます)

また、市販されている『中学受験案内』などの本を見れば、各大学の合格実績、
複数回受験すると入試で優遇されるといった情報までカンタンに手に入ります。
もはや塾に頼らなくても必要な情報はパソコン(スマホ)と書店で手に入る時代なのです。

以上のように、
合格力、ペースメーカー、志望校データ」。

これら3つが揃えば、自宅学習だけで志望校に合格することは充分可能です。
それは、これまで「サクラサク中学受験」だけを使って、
志望校に合格した先輩たちが証明してくれています。


サクラサク中学受験 勉強法
タグ: 中学受験
posted by 自宅学習で中学受験 at 10:15 | 自宅学習で中学受験の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする